2010年12月29日

山の上ホテル(その3)〜雑貨その他編〜

山の上ホテルでは、時代を経た家具やレトロな雑貨にいちいちトキメイテイタ私揺れるハート


インテリア・雑貨好きにはたまらない空間だったわーい(嬉しい顔)


例えばロビーの片隅にあるこちらの本棚と机。

   ↓

s-画像 028.jpg

池波正太郎先生がよくここで調べ物をしていたとか聞くと、より趣きがある気がしたり(笑)



部屋の中には気になる可愛い物がいっぱいあった。


ドアを入ってすぐ目に付いたのはドアノブにかけられたこちら。

   ↓

s-画像 005.jpg

ブレブレだが、起こさないで下さいの札にはベッドでぐーぐー寝てるイラスト眠い(睡眠)


s-画像 004.jpg

ひっくり返すと「お掃除願います」のイラスト。お姉さんの絵が可愛い。


机の横にある飲み物コーナーの台の上には赤いポット。

   ↓

s-画像 021.jpg

何とも言えない字で「おゆ」と書いてある。ポットの赤とぽってりしたポットの形がいい!


浴衣はシンプルに。

   ↓

s-画像 023.jpg


アメニティーもシック。

   ↓

s-画像 051.jpg

この字体でいろいろ統一されている。いい感じの字体だなと思った。



石鹸に、

s-画像 052.jpg

こちらは灰皿。か、可愛いexclamation×2

s-画像 053.jpg

持って帰りたい衝動を我慢我慢あせあせ(飛び散る汗)


ベッドサイドのテーブルには、お水専用ポット。

   ↓

s-画像 054.jpg

こちらは「おみず」って書いてある。何かペットボトルの水じゃないのが素敵。しかもすごく

冷たいお水が入っていた。


メモ帳に添えられた鉛筆にもヒルトップホテルと書いてある。

s-画像 055.jpg


クラシックホテルは最新のシティホテルには無い温かみがあって気持ちが落ち着くいい気分(温泉)


決して設備は整っていないし椅子もくたびれていたりするけれど、そこがイイ。



ちなみに山の上ホテルは、部屋に案内されるとレトロな制服の女の子が暖かいお茶を持って来て

くれる。この温泉宿みたいなサービスが、寒かったクリスマスの日にとても心に沁みた。

   ↓

s-画像 007.jpg


そしてそのお茶を持って来てくれた子がそのまま「ベッドカバーを外していいですか?」と

聞いてくれ、いいと言うといい感じにベッドメイクをしてくれて部屋を出て行くのだ。


ホテルのきっちりしたベッドメイクって、いつも自分で苦労しながら外してたけど、そういうの

やってくれるのか・・とちょっと驚いたし嬉しかったなハートたち(複数ハート)



大きなシティホテルとは違う温かみのあるもてなしに心がほっこりした山の上ホテルステイ。


又行きたいホテルが増えたるんるん






posted by ふじこ at 09:59| 東京 ☀| ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする